スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホールド状態での機能を増やす

kfjfkgif.jpg今回はホールド状態での機能を拡張できるプラグインHold+ v4.0を解説します。
このプラグインを導入することで、ホールド時のバッテリーの使用をものすごく低くして、長時間PSPをつけっ放しにできます。


必要なもの


CFWが導入されているPSP
Hold+ v4.0

導入方法


1 Hold+ v4.0をダウンロードして解凍します。

2 解凍したフォルダの中にあるhold.prxメモリースティック→sepluginsフォルダへコピーしてください。(sepluginsフォルダがなければ作成してください。)
jjjjjjjjjjjjj.jpg

3 コピーし終わったら、メモリースティック→sepluginsフォルダ内にあるvsh.txtgame.txtpops.txtに[ms0:/seplugins/hold.prx 1]と記述してください。
8iur44.jpg

記述し終わったら上書き保存してください。
この時に記述した場所によって有効になる場所が違います。
vsh.txt→XMBで有効になります。 game.txt→UMDやISOで有効になります。 pops.txt→PSで有効になります。
無効にしたい場合は、最後の1を消してください。
これで導入は完了です。

プラグインの効果


1 画面の照明を落とす。
2 CPUを60Hzで動作させる。
3 ホールド状態でもセレクトボタンを押せばボタンが使える。(十字キー↑と十字キー↓、アナログスティックとHOMEボタン以外)
なので普通よりもバッテリーが長持ちします。
livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
[ 2010/11/23 14:24 ] プラグイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atlibertyofpsptocfw.blog136.fc2.com/tb.php/45-e5230965









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。